お勧め本

お勧め本10選

①「ファスト&スロー」
東大で一番読まれた本です。自身の意思決定を見つめなおすのに最適な一冊で、統計的思考が身に付きます。

②「データ分析の力 因果関係に迫る思考法」
因果関係に対する思考法を学べるわかりやすい本です。データ解釈の参考になります。

③「統計学が最強の学問である」
言わずと知れた名著です。統計に関して、イメージがわかない方は特にご一読をお勧めします。

④「武器としてのデータ分析力」
ビジネス現場で使えるデータ分析がわかる本です。データ分析の全体像を俯瞰できます。

⑤「マーケティングリサーチとデータ分析の基本」
これからマーケティングリサーチを学びたい方、アンケート設計を学びたい方にはかなりおススメです。

⑥「R 統計解析 パーフェクトマスター」
Rをこれから学ぶ人におすすめの一冊です。本のURLにある参考コードを書きながら、易しく学んでいくことができます。

⑦「東京大学のデータサイエンス講座」
データサイエンティストを目指す方、データ分析を仕事にする方は必読です。Pythonの基本的な使い方から機械学習のコーディングまで習得できます。

⑧「MBA 定量分析と意思決定」
ビジネスデータ分析を行う方にお勧めの一冊です。ビジネスデータをどのように読み取ればよいか、大いに参考になります。

⑨「実証分析入門」
社会科学の実証実験の手法に興味がある方にお勧めの一冊です。社会科学研究は、自然科学研究とは異なり、統計的な課題およびスキーム設計が非常に重要になのですが、その思考法を学ぶことができます。

⑩「Kaggle で勝つ データ分析の技術」
データ分析モデル実装のためのコーディングの考え方の勉強になる本です。データ分析のコーディング業務に携わる方にお勧めの一冊です。


コメント

このブログの人気の投稿

統計と、機械学習・深層学習(マシーンラーニング・ディープラーニング)の違いとは?

定量分析と定性分析の使い分け

データベースの意味と、構築する際の留意点