Python 3 エンジニア認定データ分析試験の合格体験記



今回、Python 3 エンジニア認定データ分析試験の自身の経験をもとに、検定の概要と勉強方法について説明します。

まず、Python 3 エンジニア認定データ分析試験は、Pythonで統計や機械学習などのコードを把握する試験です。もし、機械学習や深層学習のプログラマーとしてのキャリアを築きたいと思っている方にはお勧めの検定です。CBT方式でなんども受験できるので、気軽に受験することができます。検定のHPでは以下のように記載されています。
試験名称:Python 3 エンジニア認定データ分析試験
概要:Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験
受験料金:1万円(外税) 学割5千円(外税)
問題数:40問(すべて選択問題)
合格ライン:正答率70%
出題範囲:主教材である翔泳社「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」より以下の範囲と割合で出題する予定です。
問題数問題割合
1データエンジニアの役割25.00%
2Pythonと環境
1実行環境構築12.50%
2Pythonの基礎37.50%
3Jupyter Notebook12.50%
3数学の基礎
1数式を読むための基礎知識12.50%
2線形代数25.00%
3基礎解析12.50%
4確率と統計25.00%
4ライブラリによる分析実践
1NumPy615.00%
2pandas717.50%
3Matplotlib615.00%
4scikit-learn820.00%
5応用: データ収集と加工00.00%
出典: 一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会HP
教科書は「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」で、僕もこの本を勉強しましたが、すごく参考になりました。ただ、その前にPython3エンジニア認定基礎試験の主教材であり、データハンドリングの基礎を学べるオライリー・ジャパン「Pythonチュートリアル 第3版」を勉強しました。Pythonを始めて扱う人は2つとも勉強することをお勧めします。





僕は上記2つの本で勉強したことに加え、Python3エンジニア認定基礎試験の模擬試験を行っているDIVE INTO CODEのHPで勉強しました。これでPython基礎コードの理解を深めることができました。このサイトは無料なので常時9割以上とれるまで何度も受けることをお勧めします。

以上が対策となります。この試験の前にPython3エンジニア認定基礎試験を合格していたので、教科書の勉強を中心に1カ月程度で勉強して合格できました。皆様のご検討を祈っています。

試験対策で疑問点があれば、お気軽にご質問下さい。わかる範囲でお答えします。
※返信が遅くなる場合もありますが、ご了承ください。

よろしければシェアお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 



コメント

このブログの人気の投稿

統計と、機械学習・深層学習(マシーンラーニング・ディープラーニング)の違いとは?

定量分析と定性分析の使い分け

データベースの意味と、構築する際の留意点