ウェブ解析士の合格体験記



今回、ウェブ解析士とはどんな資格か、どのように勉強すれば取得できるか解説します。
ウェブ解析士とは、アクセス解析などウェブマーケティングに必要な知識を網羅的に学ぶための資格です。PCテストに合格し、レポートも合格すると資格を取得できます。
このウェブ解析士は他とは一風異なった面白い資格です。
まず、検定の開催の頻度が多くて手軽に受験できることが挙げられます。年に1回しか開催されない資格が多い中、この資格は月に数回受験できるほど開催されています。
そして、合格後のアフターフォローに関し、全国のウェブ解析士のネットワークを活用でき、勉強会などがある一方で、更新のための年会費と年1回のテストが要求されます。
多くの資格とは異なり、合格した後のつながりが強く、より実務に役立つ知識を学べるのが特徴です。また、Google Analyticsなど学ぶことができ、実務に活かしやすい知識をつけることができます。ただ、取得するだけで活用しなければコスパがよくないので、資格ハンターの方などにはあまり向いていない資格であると言えます。

この資格を取得するのに、自身は1カ月間1日2時間程度の勉強を要しました。出題範囲が広く人によって取得するための勉強時間にばらつきがあるので、かなり早めにテキストで出題範囲を把握し、自身に必要な勉強時間を考えて逆算することが大事です。
自身は公式テキストを2周解いた後、公式問題集を解いて丁寧に復習を行って合格することができました。意外と時間が足りないので、時間を測って時間を意識して問題集を解いていくことが重要になります。




いかかでしたでしょうか?
個人的には、ウェブマーケティングの常務をしている方にはぜひ取得してもらいたい資格です。HPやブログを運営している方にもおすすめです。

よろしければシェアお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 





コメント

このブログの人気の投稿

統計と、機械学習・深層学習(マシーンラーニング・ディープラーニング)の違いとは?

定量分析と定性分析の使い分け

データベースの意味と、構築する際の留意点