統計検定2級の合格体験記



本日は統計検定2級合格者による勉強方法について、
紹介します!
勉強時間、教材、勉強方法などを順を追って紹介していきます。

僕はデータ分析関連の資格をいくつか持っているのですが、
統計検定2級合格のための勉強時間は1カ月と思っています。
(数学が特に苦手ではない人の勉強時間です。平日3時間、土日5時間ほど時間を取れることを想定しています。)

まず、勉強に最低限必要な教材は、
 ①統計検定2級公式問題集
 ②統計検定2級テキスト
以上です。




ただし、勉強方法が非常に重要になります。
まず、統計検定2級のテキストで出題範囲だけ確認してください。
ここで、統計検定2級のテキストにいきなり読むと、多くの人は挫折します。。
下記の流れに沿って勉強していくことをお勧めします。

★勉強方法ステップ①(1週目)
はじめに、BellCurve「統計学の時間」というWebページが非常にわかりやすいので、そこで勉強します!
https://bellcurve.jp/statistics/course/
統計学が初めての方は、「Step0. 初級編」から初めて下さい。
統計学をかじっている人は「Step1. 基礎編」から初めて下さい。
まずは、Step1までを最低1周してください。
途中わからない語句があれば、サイト内の統計用語集を確認してください。
このサイトもキツイようであれば、以下のような本を一度読んでから
始めてみてください。


★勉強方法ステップ②(2週目)
次に、統計検定2級公式問題集を2年分ほど解きます。
おそらくこのタイミングでは、数式などを完全に把握できていないので、
現時点で何がわかっていないか、何が解けないか把握します。
解いた問題の解説などを読み、復習していきます。
BellCurve「統計学の時間」で再度苦手なところを復習します。

★勉強方法ステップ③(3週目)
ここでようやく統計検定2級のテキストを読み、数式を覚えていきます。
ただし、統計検定2級公式問題集を解きつつ、そこで出てきた数式から優先的に
覚えるということをお勧めします。(全部覚えるのはあまりに大変)
一応、この週で統計検定2級のテキストは全ページ目を通しておいてください。

★勉強方法ステップ④(4週目)
統計検定2級の問題集を解き、復習をしつつ、苦手分野をBellCurve「統計学の時間」や統計検定2級テキストで勉強してください。問題集を2周以上こなして、過去問ならほぼ正解できるようにしていくことが大事です。

以上のような勉強方法で、僕は合格することができました。
統計検定2級はCBT方式で何度も受験することができるので、
落ちてもあきらめず何度もトライしてみてください!

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

試験対策や過去問で疑問点があれば、お気軽にご質問下さい。わかる範囲でお答えします。
※返信が遅くなる場合もありますが、ご了承ください。

よろしければシェアお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 





コメント

このブログの人気の投稿

統計と、機械学習・深層学習(マシーンラーニング・ディープラーニング)の違いとは?

定量分析と定性分析の使い分け

データベースの意味と、構築する際の留意点